1年間、毎月200㎞走ることにコミットした話し

post image

この投稿は「Speee Advent Calendar 2016」の15日目です。

ライザップはいらない!?2ヶ月足らずで15キロ痩せる身体ハック!
という記事を1年ぐらいまえに書きましたが、その後も走り続けておりまして、月200㎞を走るということを目標に1年間成し遂げましたのでその話しでも。

1年間の成果

昨年の12月から本格的に走り始めたのですが、結果として以下のような距離を走りました。
2月にはハーフマラソン、11月にはフルマラソンも走って完走をしました。
改めて見てみると、12月と1月の距離がパないですねw
それ以降は200㎞という目標を立てたことを達成するために頑張っていることがわかります。

2015年12月・・・285.6km
2016年1月・・・311.1km
2016年2月・・・222.2km
2016年3月・・・215.9km
2016年4月・・・202.9km
2016年5月・・・200.9km
2016年6月・・・201.3km
2016年7月・・・200.3km
2016年8月・・・201.9km
2016年9月・・・200.4km
2016年10月・・・201.7km
2016年11月・・・200.8km

それだけ走った結果、VO2MAXといわれる有酸素運動の全身持久力の指標は49となっていて、これはフルマラソンで4時間切れるだけの持久力が備わっているそうで。
15284068_10210501167062040_1822337627334330800_n

継続するための苦労と工夫

体重や体脂肪はあまり変わってないというか、筋肉がつきはじめてやや増えたという感じです。
1〜2ヶ月目は健康な体になることやダイエットが目的でしたが、3ヶ月目からはライフワークになっていった感じです。走らないと落ち着かない、という表現が正しいかも。毎朝10㎞ほど走って通勤することに喜びを感じてました。そんななかで継続するために工夫したことをいくつか。

夏場は夜に走る

春すぎになってくるとだんだん朝でも日が昇るのが早くなし、日差しもきつくなってきます。
そうなるとさすがに朝10㎞走るのは厳しく、汗だくになり熱中症になりそうな感じにもなりました。
そして日焼けもします。なので、夜帰宅して走ることが増えました。
・・・でもそうなってくると飲み会があったり、夜遅くなると走れなるという・・・。

週末はご褒美を用意する

飲み会や会食が続いたり、雨が降ったりと平日走るのが減ってしまったときは、週末にまとめて走ることが増えました。
土日で合計40㎞とか走るときは、朝10㎞走ってみて、もう少し走れそうなら20㎞走ったりとか。
もし厳しそうなら、夜にもう一度10㎞走りに出かけてたり。
さすがにヘトヘトになりますが、そういう日には美味しいものと美味しいお酒(主にウイスキー)です。
20㎞以上走った夜にはそういうご褒美を用意して、士気をあげました(笑。

走っていることを周りにアピールする

毎月200㎞走っていることをfacebookや人前で言うことで、自分に後に引けないプレッシャーをかけました。登壇するイベントでは自己紹介のときに話したりとそういう場でもアピールしました。
結果として、それはぼく個人のプロモーションになったり、インパクトにもつながりました(笑
また走る仲間的な人もでき、たまに一緒に走りに行ったり、飲みにいったりと交友関係も広がりました。

怪我をしなかったこと

これは達成において、すごく大事だったことだと思ってます。
ただ特には意識してなかったのですが、春ぐらいにIVSの早朝イベントで「チーランニング」というランニング手法に出会い、教えて頂く機会がありました。
これは太極拳の仕組みを応用したランニング手法だそうで、長距離を疲れにくくなる走り方ということでフォームが崩れにくく故障をしにくくなるというのがメリットだそうです。
完璧ではないとは思いますが、それを意識して取り入れられたことが怪我をしなかったことにつながっているんじゃないかな?と思います。

目標に対しての数値管理

そんなこんなありましたが、毎月200㎞と決め、定量的な目標で管理していったことは一番の達成要因だったかなと。
平日走れない週があれば週末に40〜60kmを4回に分けて走ったり、月末で200㎞に届かなくヤバイとおもった月もありましたが平日の朝と夜に10㎞ずつ走って達成した月もありました。数字達成のため結果にコミットする意識が高まっていたからできたんだと思います。
この数字目標自体が本質かどうかはわからないですが、毎月200km走るというKPIに対してまず達成することが重要なんだと自分の中でモチベーションをあげて取り組んでました。
年内にフルマラソンを走るということも途中で決めましたし、それを達成するための仮説のKPIとして。

14925588_10210222816503450_6929006922960808124_n

走ることによって生まれた変化や得た成果

で、それだけ走ってて得たものとしてなにがあったのか?、という話ですが、いくつかあります。

体力が身についた

これ、一番大きいかもしれない。
仕事では採用のため面接や面談をすることがここ1年すごく増えたのですが、19時以降で3連続面談とか普通にあるんですよね。で、そのときに走っていることによる体力があることによって、疲れた表情になったり、思考がとまったりとか全くなく、一期一会で全力でお話ができていることはプラスでしかなかったです。

ポジティブかつタフな精神力が身についた

体力が充実してくると思考もプラスに転じてくるなぁと思いました。
疲労感が抜けてくるので、物事に対してフラットに捉え、前向きになる考えが浮かぶことが多いなと。
僕は役割上、社内でもいろんな立場の方と話すことがあり、正直聞いただけでしんどくなる話もあるんですが、そういう話についても感情的にならず、前向きなポイントを見つけられる思考になりやすかったです。結果として関係値がよくなった人もいましたし、高い目標を立て折れずに思考と検証ができていたなぁと思います。

ハーフマラソン、フルマラソンに初出場し完走

これは人生の実績として大きかった思い出ですねw
学生の頃ですら走るのが大嫌いだった僕が、3月には多摩川ハーフマラソンを走りました。
目標タイムは2時間台で完走できればいいかな、という目標を立てていましたが、結果は2時間をきる好タイム。15㎞地点でまだまだ余裕があり、ペースをあげていって責めた結果の好タイムでした。

12794384_10208048321622437_624130589454220760_n

福知山のフルマラソンではネットで4時間30分を目標といて走りました。結果は残念ながらネット時間4時間35分という結果でしたが、無事に完走することができました。

15085551_10210448763991996_7743954616962371984_n

今後について

今後については、毎月200㎞を走るという目標はいったん辞めようかなと。
来年の3月の佐賀マラソンで走るので、そこでフルで4時間を切る、という目標を立てたいと思います。
そのためには体脂肪をもう少し落としたりなど、成果達成に向けたKPIを設定して定量的に追っていこうと考えています。そのためにいったん距離としての目標設定は辞める予定です。
走ること自体は、僕の仕事や人生にデメリットがないということがわかったので、これからも続けていきたいと思っています。
ぜひ一緒に走りたい方などいましたら気軽にご連絡ください!

明日はID:yhattが面白い記事を書いてくれる予定です!